2009年05月16日

ハードディスク交換と再セットアップ

インストールしてから1年運用し、いろいろとゴミが溜まってきたので、ここらで一度再セットアップしてみたくなってきた。ちょうど3月末あたりにCentOS 5.3がリリースされたので、CentOS5.2からCentOS5.3に乗り換えてみることにした。

と、軽く思い立ってみたものの、Radianceには定時録音や定時録画のサービスがいろいろ走っていて、システムをとめておけるのは高々半日程度。それだけの時間でOS再セットアップ→録画録音サービスのインストール→動作確認を確実にこなさなければならない。どう考えても無理である。少しでもマシンを止める時間を減らすために頭をひねることにした。

クリーンインストール用のHDDを新しく買うことにした。HGSTの160GByte。録画データが120GByteのHDDを圧迫し始めていたので、ちょうどいいくらい。最近は160GByteの2.5inchは型落ち寸前であり、250GByteや320GByteが主流らしい。AV用途のA4ノートとかだと容量がいくらあっても足りないのだろう。
hdd160gbyte.jpg

インストール対象のHDDをノートPC(ThinkPad T61)にセットする。可能な限り(ネットワークデバイスとかの直接的な設定)ノートPC上で設定してしまう。

CentOS5.3がThinkPad上でかなり快適に動作することにびっくり。Fnキーと組み合わせるコマンドもちゃんと認識する。cpuspeedもつかえるし、ハイバネートも可能。電源管理もちゃんと動く。もうこのまま使い続けてしまおうか・・・いかんいかん。

再インストール作業の記録

posted by yuji_at_radiance at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。