2009年09月23日

VieraとValdiaのHDMI-CEC連携

大手家電メーカー製デジタル家電の売りの一つにxxリンクと呼ばれるアレがある。そう、HDMIケーブルで接続したTVやレコーダー、アンプを連 携して動かすアレである。

このリンク機能はHDMI-CECという規格をベースとして各社が拡張したものであり、基本的な機能は異なるメーカー間でも使えるものの、高度な連携は同一メーカーの最新の機材をそろえないと使えなかったりする。動作保証という観点から(囲い込みという観点から?)他メーカーとの連携に関する情報は公式サイトには記載されない。

今回、理由あってパナのデジタルTVと東芝のレコーダーを接続したので、HDMI-CEC連携の様子について説明しておこうと思う。今回実験した組み合わせは、Panasonic Viera TH42PZ80(ちょっと前のテレビ)と 東芝 Valdia RD-S304K(わりと新しいレコーダ)である。AVラックに収める前の動作試験なので、ValdiaのHDMI-outをVieraのHDMI-in3(本体前面のパネル)に接続した。テレビ・レコーダー共にHDMIリンクを有効にして、一回電源を切る。そして、実験スタート。

可否方向機能
レコ→TVレコーダーの電源ONに対応して、TVの電源をON
不明レコ→TVレコーダーの電源OFFに対応して、HDMI入力を選択中のTVの電源をOFF
レコ→TVレコーダーの操作に対して、HDMI入力モードにTVの映像ソース切り替え
レコ→TVレコーダーの操作に対して、電源OFFのテレビをONにしてHDMI入力に切り替え
TV→レコTVの映像ソースがHDMI入力の時に、TVを切るとレコーダーも切れる
不可TV→レコ今見ている番組をレコーダーで録画開始
不可TV→レコTVの番組表からレコーダーの録画予約
不明TV→レコテレビのチャンネル設定のインポート

なお、表中の「」は再現できた連携動作、「不可」は動作しなかった連係動作、「不明」は実験できなかったor再現できなかった連係動作である。

レコーダーの操作に伴う映像ソースの変更はメインメニューの呼び出し、映像の再生などで利用可能だった。録画予約に関する動作は、残念ながら動作しなかった。VieraはDigaを接続することを前提にしているらしい。

posted by yuji_at_radiance at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。