2011年08月16日

3TBのハードディスクを使う

録画データを保存する倉庫ディスクの残り容量が足りなくなってきたので、値段がこなれてきた3TBを購入。2TB超えのHDDが正常に扱えるか心配だが買う。買わずに後悔するくらいなら買って後悔しよう。

購入したのはHGSTの0S03229 (中身はHDS5C3030ALA630 参考資料) 。静音低消費電力モデル。箱入りのものしか出回っていない様子。

Centos5.5 32bitのマシンにつないで、dmesgを見る。 very big deviceとか言われるが、とりあえず3TBの容量があることを認識している模様。 とりあえず安心。

ata3: exception Emask 0x10 SAct 0x0 SErr 0x4060000 action 0xe frozen
ata3: irq_stat 0x00000040, connection status changed
ata3: SError: { PHYInt CommWake DevExch }
ata3: hard resetting link
ata3: SATA link up 3.0 Gbps (SStatus 123 SControl 300)
ata3.00: ATA-8: Hitachi HDS5C3030ALA630, MEAOA580, max UDMA/133
ata3.00: 5860533168 sectors, multi 0: LBA48 NCQ (depth 0/32)
ata3.00: configured for UDMA/133
ata3: EH complete
  Vendor: ATA       Model: Hitachi HDS5C303  Rev: MEAO
  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 05
sdc : very big device. try to use READ CAPACITY(16).
SCSI device sdc: 5860533168 512-byte hdwr sectors (3000593 MB)
sdc: Write Protect is off
sdc: Mode Sense: 00 3a 00 00
SCSI device sdc: drive cache: write back
sdc : very big device. try to use READ CAPACITY(16).
SCSI device sdc: 5860533168 512-byte hdwr sectors (3000593 MB)
sdc: Write Protect is off
sdc: Mode Sense: 00 3a 00 00
SCSI device sdc: drive cache: write back
 sdc: unknown partition table
sd 2:0:0:0: Attached scsi disk sdc
sd 2:0:0:0: Attached scsi generic sg2 type 0

パーティションを切る。fdiskを試すと、GPTを使えと怒られる。

WARNING: The size of this disk is 3.0 TB (3000592982016 bytes).
DOS partition table format can not be used on drives for volumes
larger than 2.2 TB (2199023255040 bytes). Use parted(1) and GUID
partition table format (GPT).

うーむ。1TBのパーティションを3つ作りたいだけなのだがなぁ。 警告を無視してテーブルを切ろうとすると、領域の末尾を2.2TB相当の地点より先に設定できない。

Disk /dev/sdc: 3000.5 GB, 3000592982016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 364801 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdc1               1      121600   976751968+  83  Linux
/dev/sdc2          121601      243200   976752000   83  Linux
/dev/sdc3          243201      267349   193976842+  83  Linux

fdiskではやはり無理だったので、アドバイス通りにgpartedでテーブルを切る。 1TBの領域を3つ。厳密には最後の一つは900GBくらい。mkpartfsコマンドでフォーマットも一括してできるらしいが、とりあえず後回し。

parted /dev/sdc
(parted) mklabel gpt
(parted) mkpart primary 0 1024GB
(parted) mkpart primary 1023GB 2048GBGB
(parted) mkpart primary 2047GB -0
(parted) quit

出来上がった領域をext4でフォーマットする。

mkfs.ext4 /dev/sdc1

posted by yuji_at_radiance at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。