2011年10月02日

秋M3向けカタログビューアの開発スタート(上映スペースナビもあるよ)

10月30日に開催される音系・メディアミックス同人即売会「M3」向けにandroid電子カタログアプリを開発中。春M3からだいぶサボってきたが、紙カタログも発売されたので、ちょっとやる気出す。

web版のサークルリストと配置マップが出ていないが、ペーパー版カタログを見て分かる限りでは、前回と同様の機能を提供できそう。私の精神力が尽きなければ。いや、サークルリストはともかく、マップは人手でデジタイズしてるから大変なんですよ!?

さて、今回は上映スペースにも手を出してみようと思う。簡単に説明すると、上映スペースとは各サークルのPVを上映するスクリーンのことである。上映作品のリストは当日貼りだされる上に、時間通りに進行することがほとんどない。上映リストと進行状況を携帯で見られると便利→なら作ってしまえ。

と言っても、上映リストを予め用意することは不可能だし、進行状況も予測することはできない。というわけで、スクリーンの前のあなたに助けてもらうことにする。

M3ScreenSchedule(仮称)はandroidアプリと集計用のサーバを組み合わせて実現する。会場のあなたが番組情報をアップロードすると、サーバを経由して他の参加者に更新された番組情報が配布される。同様に、会場のあなたが上映中の番組番号をアップロードすることによって、現在上映されているものが何なのか他の参加者が知ることができる。たくさんの人がM3ScreenScheduleに接続することで、情報が正確になる。そんな仕組み。
m3ss_structure.png

試作版のアプリが仕上がってきたので、スクリーンショットを掲載。ウィジェットも作りたいなーと思う今日この頃。
ScreenSchedule01.png
項目のリスト表示。右側のアイコンをクリックするとサーバに上映中作品の報告。
ScreenSchedule02.png
ペンのアイコンをクリックすると、上映情報の編集。

posted by yuji_at_radiance at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。