2011年11月20日

【作ってみた】サクラエディタでRubyをインラインで書いて実行するマクロ

Windowsで普段使っているエディタでもRubyでちょっとしたワンライナーを実行できると素敵ということで、サクラエディタのマクロを作ってみた。

■ダウンロード

windows版rubyのインストール場所に合わせて変数rubybinを変更。Vistaや7を使う場合、変数rubyscrにも適当なファイル名をフルパスで書いたほうがよいかも知れない。 設定を書き込んだら、メニューの外部マクロ設定で読み込む。ついでに右クリックメニューに足しておくと幸せになれると思う。

■コード
Vimスクリプトに比べるといろいろと楽々。サクラエディタは一時ファイルをSJISで書き出すので、エディタで実際に編集している文字コードに関係なく-Ksオプションを足すのが大事。

rubyculc_111120.js
var rubybin = "(Your Ruby Executable) -Ks";
var rubyscr = "script.rb";
var command = rubybin + " " +  rubyscr;

//writeout script
var selected = Editor.GetSelectedString(0);
var fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
var fpout = fso.CreateTextFile(rubyscr);

fpout.WriteLine("include Math");
fpout.WriteLine("def vscrEvalDescr() return yield(); end ");
fpout.WriteLine("print vscrEvalDescr(){");
fpout.WriteLine(selected);
fpout.WriteLine("}");

fpout.close();

//execute script
Editor.ExecCommand(command, 3);

参考にした資料

posted by yuji_at_radiance at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。