2012年07月14日

FairyQuick正式版をリリースしました

東芝製無線LAN内蔵SDHCカード FlashAir 専用ブラウザアプリ「FairyQuick」の正式版を公開しました。Google Playでの配布と、野良アプリの配布をやっています。

Google Playの配布ページは こちらから

野良APKはradi開別館にて公開中

体験版から外見がかなり変わりました。
Screenshot_2012-07-08-23-00-59.png
まさに使用前使用後。でも中身はこれまでどおり(あ、バグは直してますよ)。

posted by yuji_at_radiance at 13:50| Comment(5) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントの動作テスト
Posted by yuji_at_radiance at 2012年07月14日 13:54
こちらのソフトが便利で、ウィルコムWXO4(2.3)の時は、カードが認識されていましたが、WX10K(4.2.2)に機種変更してから、カードがwifi認識されないようになれました。無線ルータは表示されますし、東芝純正アプリflashairでは作動します。
解決策をご教示ください。よろしくお願いします。
Posted by 廣戸 周 at 2014年01月08日 05:45
廣戸さま

FairyQuickを御利用いただき、ありがとうございます。御指摘の症状はAndroid 4.2がリリースされた直後に起こった問題(最新版では修正済み)に似ております。

症状について詳しく伺いたいのですが、 アプリ上端のプルダウンでカードのID (SSID)を選択→左下の更新ボタンを押す→Flashair is not in rangeと表示される ということで合ってますでしょうか?

念のための確認ですが、FlashAirカードのSSIDはアルファベットと数字の組み合わせでしょうか?日本語や記号が混じる場合、うまく動かない場合があります。
Posted by yuji_at_radiance at 2014年01月09日 00:57
早速のお返事ありがとうございます。

まずアプリのverですが、0.96が既にインストールされていました。念の為、アンインストールし再度インストールしましたが症状は変わりません。

症状はプルダウンで表示されるのSSIDは無線ルーターのみで、フラッシュエアーの表示はでてこず、選択することができません。
SSIDの名前は初期値のままだったと思います。

私の初歩的なミスかも分かりませんが、2.3の時は確かに認識することができました。ルーターの電源を切っても、SSIDのプルダウンから無線の表示が消えるだけです。

ウィルコムwx10kというマイナーな機種で、動作確認等が難しいとは思いますが、何かお分かりになりましたらご教示ください。

また、このような素晴らしいアプリを開発されたことに対しまして、感謝申し上げます。


Posted by 廣戸 周 at 2014年01月09日 17:36
解決しました。

試しにパソコンのスロットに入れてみると認識されました。
そこで、端末をシャットダウンしてから再立ち上げをすると、カードが認識されました。

原因はよくわかりませんが、端末側の問題だった可能性が高いと思っています。

お手数をお掛けしました。ありがとうございました。
Posted by 廣戸 周 at 2014年01月09日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。